読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛を信じてる

痛みも悲しみも全てを受け入れて、 I am Happy!

嵐は極上のエンタメ集団だった(THE DIGITALIAN円盤の感想)

2014年に行われた嵐のコンサート「ARASHI LIVE TOUR2014 THE DIGITALIAN」

その円盤が去年7月に発売されました。ちゃんと初回のBlu-rayを予約して、しっかりフラゲしました。それにもかかわらず先日ようやく見ることができたのは、私が受験生だったからにほかなりません。センター試験が終わったので解放感に身を任せ(?)、楽しみにしていたデジ魂を挿入!!!再生!!!デジデジしようぜ!!!

 

ってことでデジデジした感想を書きたいと思います~~~(※最後のメンバーの挨拶除く)

 

 

1番最初に思ったこと。

 

 

「画質めっっっっちゃイイ」

 

 

 

綺麗すぎてびっくりした。技術の進歩ってすごいね~~!高画質バンザイ\(^o^)/

観客も巻き込んだ壮大な演出も、いきなりいちゃいちゃしだす大宮とか櫻葉も、幸せそうにお手振りしているメンバーの表情もみんな綺麗に画面に映っててほんとありがたい…

 

 

 

全体を通して見た感想。

 

嵐って、極上のエンターテインメント集団なんだなぁ。(誰かがそんなことを言っていた気がしなくもない)

これは近年彼らが打ち立ててきた数々の功績も納得しますよね。

そりゃ「嵐のコンサート行きたい!」って思うし、「DVD欲しい!」って思うわ。

ファンじゃない人が見ても圧巻の演出だし、性別や年齢にかかわらず、本当に誰でも楽しむことのできるコンサートだと思いました。とにかくかっこいい!!!

 

 

ステージにはメンバーの心拍数がリアルタイムで映し出されています。メンバーによって心拍数の高さが異なっていて、潤くんのそれが高いと「潤くん緊張してるのかな・・・!」とか思って一緒にドキドキしてみたり、翔さんやにののが低いと「さすが、堂々としてるな・・・!」と思って尊敬の念を募らせてみたり、始まる前から超楽しい!!!

明かりが消され真っ暗闇になり、いよいよスタート。ファンライトも制御できるから本当に暗いんですよね。真っ暗な東京ドームすげえ。そして、5人のリアルタイムの鼓動のリズムに合わせて、ステージを歩いている人(?)の衣装に付いているライトやファンライトの光が点滅したり、”ドクンドクン”って音が鳴ったりしました。智くんの時は青、翔さんの時は赤、、、というように、メンバーカラーで光るから誰の鼓動かもすぐわかります(メンバーカラー知らないで来ちゃってもMCでちゃんと教えてくれるから新規さんも嬉しい)。可視化され、リズムも感じることができるので、嵐の5人と鼓動まで共有している気持ちになれて、まだメンバー登場前なのに超感動。

 

 

 

そう、そうなんです。このDIGITALIAN魂の特徴のひとつ。それがファンライトです。ペンラじゃないよ、ファンラだよ。うちわのなかにライトが埋め込まれているんだと思うんですが、そのライトはなんと、こちらの意図とは関係なく勝手に点滅したり色が変わったりするのです!

それこそ最初のメンバーの鼓動を自分の持っているファンライトが点滅をもって刻んだり、1曲目「♪Astarisk」のイントロで会場が光の海になって輝いたり。もちろん、あちらさんに操作されるだけではありません。制御されていないときは好きな色に出来るし、後半の「♪WISH」という曲の中で観客がファンライトをつけながらウェーブするところもあって。

嵐さん、「楽曲はレコーディングして完成じゃなくて、コンサートで歌ってみんなで作り上げていくものだ」ってお話してくれたことあるけど、そういう”コンサートはファンも一緒に作るものだ”っていう思いがこのファンライトの光を制御するっていう発想に繋がったんじゃないかな、って思いました。嵐さんのパフォーマンスを見るだけじゃなくて、その「コンサート」っていうものを嵐とともに作り上げる、その構成員にもなれるって超楽しいしめちゃくちゃハッピー☆(?)

 

この画期的なシステムがあの感動を作るんだとは、デジ魂前は想像もつかなかったな~~とにかく感動!円盤でこれなんだから、現場は本当に圧巻だっただろうなって思います。何よりあの景色を前に踊る嵐さんたちも感動したんじゃないかな~~って、会場全体のカットが映るたびに思った。

 

この円盤見てて思ったんですけど、すごくカットが細かいね???他のもこんな感じだったっけ・・・

細かいカット割り、うまく活かされているところも多いんだけど、時々短すぎて「え?もう変わっちゃった」と思うところが少し見受けられたのでそこがちょっとだけ残念だったかな。特に気になったのは翔さんの目線カメラ。ライトであんまりよく見えないカットもちょこちょこあったし、せっかくメンバーの目線なんだからもう少し長めのカットだとありがたかった。

 

え???翔さんの目線カメラがあるのかって???あるんですよそれが!!!(聞いてないとか言わないの)

1カットの秒数が短いとはいえ、目線のおかげで”翔さんが見た景色”に限りなく近いものを私も見ることができてすごく嬉しかった。翔さん、この景色を前に歌っていたんだね(´;ω;`)

 

その中でも、「♪Take Off!!!!!」は最高でした。

♪We believe in you 信じゆく

って歌詞のところ。

立ち位置としては翔さんがセンターにいて、その両隣に2人ずつメンバーがいるわけです。それを、♪We believe in you で智くんと潤くんを、♪信じゆく でにのと相葉さんを指さすんです。泣ける。

あとは、翔さんの「My fellow, ARASHIANS!!」ってところで観客を映した目線カット入れてくれたの嬉しかった~!

 

そうそう、「♪Take Off!!!!!」見てて思ったんですけど。私たぶん、メンバーが振り付けたダンスとか、メンバーの書いた歌を歌う嵐さん大好きなんだ。

もちろんそうではなく好きな曲もダンスも数え切れないほどあるけれど、その、書いている時に翔さんやにのが何を思っていたのかなとか、智くんが何を考えて振り付けたのかなとか、そういうのも自然と考えて笑顔になっちゃうんですよね。

例えば、♪Take Off!!!!! は15周年を迎えるタイミングで、翔さんが「嵐」を思いながら作詞しています。♪Bittersweet の最後のポージングは、智くんが漢字の「嵐」をイメージして振り付けています。

こんな風に、メンバーがメンバーを思いながら作った歌詞や踊りを、実際に「嵐」として5人が具現化するわけじゃないですか。そりゃ好きだわ。

 

 

さてさて、前半の挨拶です。コンサートってTVとかではなかなか見られないオラオラが楽しめるのもいいところの1つですよね!!!

 

二宮「足んねぇよ!足んねぇよ!足んねぇよー!」

相葉「ねぇみんな足んないってよ~!足んないって言ってるよ!!」

 

にのあい(死)

好きすぎて困るからやめて…

この相葉さんの「足んないってよ~!」はBLAST in Miyagi でしっかりにのがコピーしてましたね(*´ω`*)

 

このデジ魂の直前に、15周年を記念したライブ「ARASHI BLAST in Hawii」をハワイで行っております。そんな翔さんの挨拶

 

 

 

櫻井「ハワイから帰って来て有り余ってんだよ!!!!!!!!」

 

 

イケイケオラオラな磁石ほんと最高です大好きだありがとう!!!!!!!!

あと、メンバーが挨拶してる時の裏の賑やかしが愛おしさの極みだった。好きだ。

 

 

楽曲の感想もちょこっと記録。

 

☆「♪Love Wonderland」

私この曲初めて聞いた!シングル「♪GUTS!」の通常盤カップリング曲なんですね。超かわいいじゃないですか!らっとぅーりらっとぅーりらっとぅーりらっおっおっおー!かわいい!!!

曲も振り付けもバックに流れてる映像もかわいい!かわいさの極み!ぐるぐるーって振り付け真似したくなるね!好きだ―!

翔さんのソロパート「♪君と2人スカイランデブー」が最高すぎたんですけどどうすればいいですか(何が)

 

☆「♪Tell me why」

この曲からの衣装大好き~!翔さんイケめてるよ!やっぱり貴方はHipなPop Star yeah yeah!

この曲のラップ歌ってる翔さん、CD聴いた時から大好きだったんですけど、ライブはもっともっと大好きだって思えました超かっこいい!

 

☆「♪TRAP」

この曲も大好きでした!この曲の見どころは何といっても智くんでしょうね!本当にすごいんです。嵐みんなダンスうまいと思うんですが、智くんのは群を抜いてうまい。踊りって癖も出るから好き嫌いが出てくると思うんですけど、そういうのを持っている人でも、「うまい」って思ってくれると思っています。なんか文面が”思う”ばっかり(笑)いや、でもマジでほんとうまいんだって。見ればわかるマジでうまいんだから!!!見て!!!(感情が昂る)

 

 

 

ソロ曲も良かった。

☆相葉ソロ「♪Disco Star」

待ってwwww「ディスコスター様だ!」って最初の何あれwwwwwこれなの???これなのね???これがあの、噂のディスコスター様なのね!!!!!!

っていう、1年以上のタイムラグでめっちゃ草生やしてました。これおもしろいわ~~~

終わった後、「あれ、相葉さんのソロ曲なかったの…?相葉さんの代わりにディスコスター様がやってきたの…?」とか若干思いましたよね。私の知ってる相葉さんは爽やか青春ソングを歌っていたはず…とか思ったけど、よく考えたら風景魂でもライト身にまとって♪Magical Song 歌ってました。ファンキーな相葉さんも好きだよー!イケイケだね!オトナの色気が出てきて最高にかっこいいね!

 

☆櫻井ソロ「Hey Yeah!」

英語でスピーチ始める Sho Sakurai かっこよすぎます…!ここはTEDか何かかな???でも翔さんTEDでしゃべってても全然違和感ないだろうなぁ。

なんだか嵐はいつの間にかすごいところまで行ってしまっていたけど、この曲を聴いていると、翔さんが「自分を応援してくれているファンの、君の心のそばに、俺はちゃんといるよ」って言ってくれているみたいで嬉しくなる。

 

☆二宮ソロ「メリークリスマス」

クリスマスカラー(白いファー付き)の衣装似合う…かわいい

二宮さんの作詞する曲の世界観ってちょっとおもしろいなって思ってるんですけど。自分の世界観を自分の言葉で歌詞にして、それをギターかき鳴らしながら高らかに歌い上げる二宮さんっていいよね。いいんですよ。好きです!

最後に微笑んで去って行くのほんとずるいんでやめてください(もっとください)

 

☆松本ソロ「STAY GOLD」

私この歌大好き!!!部活の大会本番直前にめっちゃ聴いてました。

ダンスはキレッキレだし、サビの振り付けはベリーキュートで潤くんのかわいらしさが最高に引き立っていました!大天使まつもとじゅん!!!!(ひらがな)

バンッ!って花火打ち上げる力強さもあれば、振り向きざまの微笑みみたいな爽やか&愛らしさもあって、なんだこの方完璧じゃん!!!かっこいいよ!!!

 

☆大野ソロ「Imaging Crazy」

CDで聴いた段階で、私この曲そこまで好きじゃなかったんです。でもライブ見たらめっちゃ好きになった!!智くんのダンスのうまさ、歌のうまさがどちらも最大限に活かされたパフォーマンスだったと思います。

智くん昔、コンサートのソロをダンスだけでやってたことがあって、その映像を見たことがあって、その映像を見たことがあるんですけど。超カッコイイんですよね。まだ20代前半の頃かな?その時のクオリティから全然衰えてない・・・

というよりも寧ろ、余計な力が抜けて適度な脱力をもって踊っているから昔よりも洗練されているように感じました。智くんのダンスは本当に圧巻で素晴らしい!かっこいい!透き通る歌声と相俟って、相乗効果で智くんの魅力がダダ漏れでした( ;  ; )

 

 

楽曲についてつらつらと感想を述べてきました。ハイクオリティで素晴らしい。でも、それだけじゃないんです。嵐はMCもすごい!!!  な、なんだってー! /

MCってどのグループもその場の流れで進めていると思うんですが。そうとは思えないほどおもしろいしグダグダにならないし構成もしっかりしている!(?)

MC入ってすぐ、潤くんが直前の曲で振り付けを間違ったという告白をすると、間髪入れず翔さんが「裁判はじめまーす!みなさんご着席くださーい!」と。話の流れを断ち切らず、ごく自然に観客を座らせる・・・うまいな、って感心しちゃいました。

その場の流れに合わせて柔軟に物事を進めるのは翔さん得意とするところだと思っていて。それはやっぱり、10年間続けてきたNEWS ZEROだったり、長時間にわたる音楽番組の司会だったりといったところで培ってきた経験も大きな要因なのだろうと思います。個人での活動は、こういうちょっとしたところにも還元されてグループの魅力になりうるのだと思いました。

あと、振り付け間違って最後に自分の心拍数確認する潤くんかわいいよぉ~~

 

MC、途中で切り替わってファンライトについての話に入るんですが。

メンバーなんだからファンライトのこともウェーブのことも全部知っているはずなのに、翔さんは「(ファンライト)どうやったら消えるんだっけ?押したら消えるんだよね?」とか「(ウェーブでファンライト付けるタイミングは)立ちながら押すってことだ!」、潤くんの説明を受けて「あぁ、なるほど。じゃあ~~~ってわけだ!」とか言ってくれる。潤くんの説明が分かりにくいとか、そういうことでは決してないんです。とても丁寧に分かりやすく説明してくれているんですが、どんどん先に進まれると焦る人もいるかもしれない。置いてけぼりにしないでくれるのありがたいです。優しさに溢れている。

例えば私たちが列をなして登山をしているとすると、先頭に立って引っ張ってくれるのが潤くん、1番後ろで脱落者が出ないように支えてくれるのが翔さん、って感じでしょうか。副班長ポジションですね。潤くんは班長だ。

 

なんか翔さんばっかりお褒め申し上げていますが(笑)

もちろん翔さんだけではなく、みんながそれぞれの役割を果たしてるんです。

普段の嵐の雰囲気がよく出ているんじゃないかなって、そう思います。

 

 

ついでに挙げておくと、個人的萌えポイントはこちら

①Disco Star の時に大宮がリポートごっこしてる話の時

 櫻井「にぃさんが」

 

ここでの”にぃさん”は智くんをさしています。翔さんが智くんに対してずっと抱いている(と思われる)「先輩としての尊敬」が垣間見れる瞬間って本当に好きなんですけど、これもそのひとつですね。嵐はよく「TOKIO兄さん」とか「V6兄さん」って言ってるけど、翔さんにとってはそういった先輩たちと同じように智くんのことを尊敬しているんだなぁって、思っちゃいます。

 

②大爆笑・櫻井翔(韻を踏む)

私、翔さんの「くだんねぇwwww」って言いながら口を大きく開けて大爆笑しているのがすこぶる好きなんですよ…

テレビとかでもたまにお見掛けしますが、ここにもいらっしゃいました…!好きですありがとう!

 

 

 

さてここまで本編については結構書いてきましたが。今回のコンサートの中で私が特に「いいなぁ・・・!」と思ったのは、こちら。

 

☆「♪Hope in the darkness

冒頭で述べた、”嵐は極上のエンターテインメント集団”ということを一番強く感じられた楽曲です。

率直に、「よくこんな難しいことを歌いながら出来るものだな」と思いました。

簡単に説明すると、筋肉の動きに合わせて音が鳴る、ということなのですが。

奏でられる音色もとても綺麗で曲のイメージに合っていたし。これはもう、「エンターテインメント」として誰が見てもかなりおもしろいと思う。すごいなぁ、嵐さん毎年進化してるなぁ。

動きに合わせて可視化される色がメンバーカラーで分かりやすくてとても良いです。

智くんが奏でていたあの音色、すごく智くんっぽくて(?)素敵だった。智くんって水琴窟っぽい(???)

翔さん右腕超筋肉痛になりそう…お疲れ様です。翔さんの刻むリズムでファンライトの色が変わったり、翔さんの刻むリズムに合わせてメンバーがあるいたりしていて、なんか翔さんが基盤を作っているみたいで素敵でした。

これは言葉にしても陳腐なものになってしまうので(とか言ってここまで散々言葉にしているんですけど)、とにかく一回見て欲しい。ので、ぜひ。

 

 ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN(初回限定盤) [DVD]

 

 

 

 

 

 

そして今回のコンサートは、アンコールが15年間を振り返るメドレーになっているんです!1年に付き1曲、計14曲のメドレー。

2014年のアルバム、発表されるまでずっとタイトル「5×15」だと思っていました。だって5周年の時は5×5だったし、10周年の時は5×10だったから。発表された時は不意打ち食らってびっくりしたけれど(笑)、まさかここで5×15が見られるとは…!

私、「いろいろな経験を重ねて成長した嵐が、デビューしたばかりの頃の楽曲を歌う」のが大好きなんですよね。5人が乗っている気球に、これまでのツアーロゴやメンバーの写真がたくさんプリントされていて感慨深かった。

 

 

嵐って、コンサートでみんなに手を振ったり指さしたりファンサしてくれる時、すごく優しい表情なんです。私が櫻井担だから翔さんの話ばっかりになっしまって申し訳ないんですけど・・・。翔さん、終始上の方を気にかけてくれるんですよね。遠い席の人でも楽しめるように。普通に考えて、アリーナ席の方が嵐に近いし、ファンサしてもらえる可能性高いし、そっちの方がいいに決まってる。チケット代同じだし。だけど、そういう差で寂しい思いをしないように。せっかく会いに来てくれたんだから、全員が同じように幸せになれるように。ずっと気にかけてくれるんです。だから翔さんの指さしってほんと丁寧で、とっても優しい表情でひとりひとりを見つめていて、優しさと愛に満ち溢れているんです。みんなでウェーブやったり、C&Rの煽りをしたあとに、両手で大きく丸を作ってくれるのも、翔さんのファン、観客に対する愛情なんです。たぶん。

 

最後。挨拶が終わって、「♪キミの夢を見ていた」を歌ってくれるんですが。5人の顔が本当に幸せそうで優しくてあったかくて、こっちまで幸せになれるんです。本当にいい顔しているんだ、5人全員が。あの幸せそうな笑顔を永遠に守りたい。ずっとずっと、幸せでいて欲しい。心からそう思いました。

 

 

 

BLAST in MiyagiもDVD買って見たんですけど、あまりにボロボロ泣けてしまって、ただの感情では見れなかったから。この「THE DIGITALIAN」、とても楽しく見ることができました。どんどん嵐を好きになっていく。大好き。これからも、好きを更新していける気がしています。

今17年目に入ってもう数ヶ月経ちますが、どんなスピードでも、止まることなく5人で、5人とみんなで、「嵐」というプロジェクトをどんどん大きくしていきたいですね。

 

「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」の円盤化も楽しみにしています♡